テープ起こしとはどんなサービス?

テープ起こしとは | テープ起こしLEO

テープ起こしとは

テープ起こしとはどのようなサービスを言うのでしょうか。

 

テープ起こしとは、会議や座談会などで録音された会話や音声をテキスト化することを言います。
会議の内容を議事録にする際、後からメモを見たり思い返すなどしても正確に思い出せないことも多々あることでしょう。
そのような場合にはテープ起こしを利用することで、その会議の内容を全て正確に記録に残すことができるようになります。
テープ起こしは、基本的にタイピングでコンピュータに入力し行っていきます。
テキスト情報として文字で残すことができますから、
書籍にしたい場合やプリントアウトして配布したい場合などに非常に便利
と言えるでしょう。

 

 

 

テープ起こしの歴史

 

テープ起こしはいつ頃からあったのでしょうか?
それはコンピュータのできる遙か昔、人間が文字を発明した古代文明の時代からあったと思われます。
当時は板や紙に書いていたのでしょう。
しかし「文字を手で書く」というのは、人が話をするよりも遅いことは明白です。
会話している間にそれをすべて一言一句書き記すことのできる芸当を見せられる人はまずいません。
その結果、会議終了後にメモを見ながらなるべく再現できるように思い出す、ということをせざるを得なかったのです。

 

それがテープなどの録音機材が発明されたことで、会議の内容を音声として保存しておくことができるようになりました。
テープ起こしが一般的になった理由のひとつです。
録音内容をあとで何度も聞きなおしながら文字に起こせるようになったのです。

 

さらにその後は、コンピュータやインターネットの発達により、文字データを利用する機会も増えました。
書籍化やWEBサイト、ブログなどに載せることも簡単にできるのです。非常に便利な時代になりましたね。

 

 

 

テープ起こしがよく利用される場面(会議、インタビューなど)

 

それでは、具体的にテープ起こしはどういった場面で利用されているのでしょうか?
テープ起こしには、さまざまな利用方法がありますが、主に会議やシンポジウム、講演、インタビュー、座談会などで利用されています。
現代ではタイピングの早い人も多くなったため、短い会議の議事録などはその場でPCに打ち込んでデータ化してしまうケースもあります。
ただ、長時間の会議や講演、会話をそのままテキスト化する場合には、録音を取るのが便利です。
その録音データを元にテープ起こし業者に依頼し、迅速かつ正確に文字に起こしてもらいます。
起こしてもらったテキストは、議事録として配布したりWebサイトや雑誌等のコンテンツなどに利用されているようです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ