テープ起こしの仕事とは

テープ起こしの仕事とは | テープ起こしLEO

テープ起こしの仕事とは

テープ起こしは、インタビューや会議、シンポジウム、講演会などの録音テープを文字に起こす仕事です。

 

 

テープ起こしの仕事の特徴

 

まずは、やはり在宅で出来る仕事という点でしょう。
何らかの理由で外で働けない、空き時間を利用しサイドビジネスとして出来るというメリットもあります。
またテープ起こしは、在宅ワークの中でも単価が高い上に、
パソコン以外の初期投資があまりかからず始めやすい為、学生や主婦などに人気があります。
自宅にいながら仕事を通じて、色々な世界の情報を勉強出来るというのも魅力の1つかもしれません。

 

 

文字に起こす方法

 

文字に起こす方法としては、主に次に3つの方法があります。

 

素起こし

録音されたものをそのまま文字に起こす方法。
「あのー」「えー」など不要な言葉も全て文字化していきます。

 

ケバ取り

録音されたものから、余計な言葉を削除し文字化する方法。
「あのー」「えー」など不要な言葉をカットしていきます。

 

整文

ケバ取りに加えて、意味が変わらないよう文章の前後入れ替えなどを行い、より読みやすく文章化する方法。
文章の内容を理解し、形にする力が必要です。

 

 

テープ起こしには幅広い知識が必要

 

「素起こしやケバ取りなら簡単に出来そう」と思うかもしれませんが、そう簡単な仕事ではありません。
録音内容は、日常会話でないケースが多々あるからです。
法律関係やIT関連、その業界の最新技術の話、時事問題など、
いわゆる専門的な会話を依頼されるケースの方が多いかもしれません。
それらの内容を理解し、正しい文字化・文章化していくには、
テープ起こしの技術のみならず、幅広い知識が必要になってきます。

 

また、起こすものも日本語とは限りません。
英語、中国語、韓国語など世界各地の言語の可能性もあるわけです。
そういった場合の仕事は、ネイティブの人が担当することが多いですが、
依頼されるものは、それ位幅広いものだという事を理解しておくと良いですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ