テープ起こしの仕事を得るには

テープ起こしの仕事を得るには | テープ起こしLEO

仕事を得るには

契約先はどこ?

 

テープ起こしの仕事をしていくには、
テープ起こし専門会社や速記会社と契約するのが最も確実と言えるでしょう。
誠実な仕事ぶりが評価されれば、定期的に依頼を受けることができます。

 

これらの会社を選ぶ際には、納品物のチェックをフィードバックしてくれるような会社を選ぶと非常に勉強になります。
資格取得後、すぐにデキるテープリライターになるのは難しい世界ですから、
仕事をさせてもらいつつ、フィードバックを受け勉強するという経験を
積んでいくのが一人前のテープリライターへの近道となるでしょう。

 

しかし、その場合には報酬は安価になりがちです。
初心者やテクニックを覚えたい人は、勉強させてもらっているという点を理解しておきましょう。
経験を積んだ後は、より単価の高い会社、定期的に仕事をもらえる会社を選ぶと
安定収入につながります。

 

その他、イベント会社や出版社等からの仕事がありますが、
これらから直接仕事の依頼を受けるには、相応の実績やコネがないと難しいと言われています。
経験を積んだ上でよりステップアップしたい人や実績のある人は、
自ら営業をかけるという方法もあります。

 

 

求人先の探し方

 

新聞の求人欄で探す

意外かもしれませんが、新聞の求人欄にも掲載されている事があります。
しかし、非常に競争率が高くなるので、初心者には難しいかもしれません。

 

SOHO関連のサイトで求人を探す

SOHO関連サイトの求人掲示板にもよく掲載されています。
新聞同様、競争率は高くなりますが、門戸は最も広く開かれていますので利用しない手はありません。
ただしこの場合には、登録先をしっかりと見極める必要があります。
あまりに小規模なところだと、定期的な仕事はおろか不定期の仕事もなかなかもらえないケースがあります。

 

テープ起こし専門会社等のHPをチェック

今では、殆どのテープ起こし専門会社がHPを持っています。
そこで求人情報を掲載している場合がありますので、まめにチェックしておくと良いでしょう。

 

直接営業をかける

これは、ある程度実績のある人や経験を積んでステップアップしたい人向けの方法です。
自分が仕事にどれだけの時間を費やせるのか、どれだけの量ができるのかを
しっかりと見極めておくようにしましょう。

 

人脈を利用する

アナログな手法ですが、意外と利用できる方法です。
知り合いに出版社やイベント会社などに勤めている人がいれば、
テープ起こしをしている旨を伝えておきましょう。
その人のところで依頼がなくても、親戚や友達などに紹介してくれる場合もあります。
人とのつながりで仕事が始まることも少なくありませんし、
最近では、IT関連の会社などからの依頼も増えているようですから
どこから依頼を見込めるか分かりません。
広く周知しておくのも1つの営業方法かもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ