テープ起こしに必要な道具・環境とは

テープ起こしに必要な道具・環境とは | テープ起こしLEO

テープ起こしに必要な道具・環境とは

必要な環境

 ・ 仕事用(自分専用)のパソコン
 ・ ヘッドフォン
 ・ 音源を再生する機材
 ・ インターネットが常時接続されている
 ・ 万全なウィルス対策を行っている
 ・ テキストソフト
 ・ 音声ソフト
 ・ 辞書
 ・ トランスクライバー(あると断然良い)
 ・ フットコントロールユニット(あると断然良い)
 ・ プリンタとFAX(あれば尚良い)

 

PC環境を整えるのは、仕事をしていく上で最低限の事だと考えてください。
作業効率を考えるならば、ノート型よりもデスクトップでモニターの大きいものの方が良いでしょう。
また、扱うデータは社外秘などデリケートなものが多いのが特徴です。
必ずウィルス対策を行う必要があります。

 

さらに、トランスクライバーとフットコントロールフニットは必須ではありませんが、
あった方が断然効率があがるアイテムです。
いわゆる、音声を足で再生、ストップ、巻き戻しができるもので、
これがあると作業中にキーボードから手を離さずにすみます。

 

他には、意外かもしれませんが辞書も必要です。
今はWebで色々と調べられるようになりましたが、語彙の意味を調べるだけでなく
正確で分かりやすい文章を書くために必要な辞書(記者ハンドブックなど)があると良いでしょう。

 

 

必要なスキル

 ・ メールの送受信ができる
 ・ ファイルの圧縮解凍ができる
 ・ ブラインドタッチができる
 ・ 国語力がある
 ・ 検索スキルがある
 ・ 情報収集スキルがある

 

上から3つは最低限のスキルですね。
その他、国語力がある、検索スキル、情報収集スキルというのはとても重要です。
これらは、一朝一夕では身につきません。
毎日新聞やニュースを読み、最新情報や様々な業界の情報を得たり、
それらを文章にしたりして、身につけていきます。
言いかえれば、それらを身につけるための努力を継続して行える事が、テープ起こしに必要なスキルなのかもしれません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ