テープリライターの体験談A

テープリライターの体験談A | テープ起こしLEO

テープリライターの体験談A

テープ起こしを始めたキッカケは何ですか?

販売系の仕事をしていましたが、腰を痛め立ち仕事ができなくなり辞めることにしました。
新しい仕事を探していたのですが、夫が転勤族ということもあったので、
引越しをしても替えなくて良い仕事をと思い、在宅でインターネットを利用してできる仕事を探しました。
ちょうど同じ転勤族の奥さんがテープ起こしの仕事で安定して収入を得ていたのを聞いたので、
始めてみようかと思ったのがキッカケです。

 

 

現在はどのように仕事を請け負っているのでしょうか?

SOHOに登録し、仕事を戴いています。
あとは、友人や知人の紹介などでしょうか。
専門分野のテープリライトではなく、お客様の声やインタビューなどでしたら
意外と知人からの紹介が多いかもしれません。

 

 

この仕事で難しいと思うのはどんな点ですか?

思ったよりも仕事が安定していない点でしょうか。
やはり法律系やIT系など専門分野の知識がないと、厳しいですね。
一定量の仕事を継続して戴けるようになるために、日々勉強の必要性を感じています。

 

 

この仕事のメリットはどんな点ですか?

全国どこへ行ってもできることです。
引っ越すたびに、求人を探して面接して・・これって結構大変なんですよ(苦笑)
その地域に馴染むのにも時間がかかるのに、仕事まですぐに始めるのは正直キツイですよね。
その点、テープリライトのお仕事は、納品もインターネットでできますから、
どこへ転居してもいきなり無収入にはなりません。
外で働いた方がすぐにお友達ができるかもしれませんが、
やはり充てにできる収入があるのは、とても助かっています。

 

 

仕事をする上で心がけている事はありますか?

自分が仕事に費やせる時間をしっかり管理しておくことです。
在宅だと時間の融通がつきやすく、つい家事や育児が後回しになってしまい、
仕事との両立がうまくいかなくなってしまいます。
また許容範囲を超えた仕事を受けることで、お客様にも迷惑がかかりますから、
時間管理を徹底するように心がけています。

 

 

今後の目標を教えてください。

私の場合、まずは経験を積むことだと思っています。
専門知識も乏しい状況ですから、とにかく今は単価が安くても全て勉強だと思ってやっています。
テープ起こし専門の会社から戴く仕事では、チェック等も厳しくいろいろと教えてもらえますので。
経験や実績が証明できるようになったら、ゆくゆくはクライアントさんと
直接契約していけるようにしていきたいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ