上手な録音の仕方

上手な録音の仕方 | テープ起こしLEO

上手な録音の仕方

どんなに優れた反訳者にテープ起こしを依頼しても、元となる音声データの録音状態が悪いと、
正確な文章に起こすことが困難になってしまいます。

 

自分自身の精通した内容・関係している内容であれば、少々音が悪くても推察することができることもあります。
しかし第三者である反訳者にとってはかなり困難な作業になります。
そのため、聞き取るのが不可能なほど音質の悪いデータは、業者からテープ起こしを断られてしまうこともあるのです。

 

そのようなことがないよう、きれいな音で録音するには、次のポイントをおさえるとよいでしょう。

 

テスト録音をする

事前に本番と同じ条件でテスト録音をします。

 

 

音響装置がある場合は可能な限りアンプから直接録音する

発言者全員が会場の音響装置を使って発言するような現場では、
アンプから直接録音すると非常に良い音質で録音できます。

 

 

予備の録音をする

何らかの理由で録音に失敗した時のために、予備の録音機器を用意して両方で録音しましょう。

 

 

騒音の発生源を見つけて、止めたり離したりする

パソコンのドライブ音やエアコンの音など、ふだんは気にしないような音もマイクは拾うため、
大きな騒音として録音されることがあります。
できるだけ騒音の発生源を停止するか、発生源からマイクやレコーダーを離すようにしましょう。
扉があれば閉めて音を遮断するのも手です。

 

 

マイクのセット位置は発言する人の口から1m以内

複数人数での会議の場合は席の真ん中にマイクを置くか、話者の手前に置くようにしましょう。

 

 

レコーダーやマイクの下に緩衝材を敷く

レコーダー・マイクは机や床にじかに置かず、ゴム製のシートやフェルト生地などを下に敷くようにしましょう。
マイクはスタンドに固定するのがベストです。

 

 

自動録音機能などはオフにする

ICレコーダーなどには、音声に反応して自動的に録音を開始・停止する機能が付いているものもあります。
これがオンになっていると、正確な原稿に起こすことができなくなります。

 

 

残響の少ない会場を選ぶ

会場を選ぶことが可能な場合は、残響のできるだけ少ない会場を選ぶと録音しやすくなります。
じゅうたん敷きの床、カーテン、クロス張りの壁という条件であれば、残響音を抑えて聴きやすい録音が可能です。

 

 

テープ起こし業者一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ