テープ起こしの納期について

テープ起こしの納期について | テープ起こしLEO

テープ起こしの納期について

テープ起こしを頼むと、どのくらいの期間で納品してもらえるのでしょうか?
ほとんどの業者は、大きく分けて「通常納品」「特急納品」「ゆとり納品」の3種類の納期を設定しています。
納期は、音声の時間だけでなく、起こし方などによっても左右されます。
実際に依頼するときに確認するとよいでしょう。

 

 

通常納品

 

通常納品では、音声30分で1日〜2日ほどかかる業者がほとんどです。
音声の時間が約30分延びるごとに1日納期が延びることが多いようです。

 

特急納品

 

特急納品は当日夕方、または翌日の納品ですから、どうしてもすぐに原稿がほしい場合に便利なサービスです。
当日納品では午前中に依頼すれば夕方に仕上がりますし、翌日納品でも15時間〜24時間ほどで仕上がります。
ただし、ほとんどの業者で音声の長さに上限が設けられています。

 

また、料金も一時間あたり数千円上乗せされます。
上乗せされる料金は当日納品か翌日納品かにによっても変わりますし、業者によって大きく違います。
できるだけ安く引き受けてくれるところを選んだほうがよいでしょう。

 

ゆとり納品

 

ゆとり納品では、1時間の音声で一週間から10日ほどの納期が設定されている業者が多いようです。
料金はかなり割安になりますから、特に急がないのであればこのプランで依頼するとお得です。

 

 

テープ起こし業者一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ