テープ起こしを依頼するメリットとは

テープ起こしを依頼するメリット | テープ起こしLEO

テープ起こしを依頼するメリットとは

テープ起こしを専門業者へ依頼した際のメリットについて紹介します。

 

仕事の効率が大幅に上がる

 

当然ですが、素人が音声を文字に起こすよりもプロに依頼した方が、何十倍も早く仕上がります。
一般的には、素人が音声を起こす場合、1時間テープで約10時間程度かかるといわれています。
専門分野の音声であったり、言葉が激しく飛び交うような会議であれば、
さらに数時間を要することになるでしょう。

 

しかしプロへ依頼すれば、納品を待っていればOKなのです。
その十数時間分を自分しかできない他の仕事へ充てることができます。
現在では、テープ起こし業者とのやり取りも非常にスムーズに行うことができますから、
依頼等の手間もほとんどかかりません。(参考:依頼から納品までの流れ
プロに依頼することで、大幅に仕事の効率を上げられることになります。

 

 

プロに依頼しても実はコスト削減になっている

 

これは1の仕事の効率に大きく影響してきますが、次の一例を見てみましょう。

 

例) 年収500万円の編集者(出版社勤務)が依頼した場合

 

ご自身で音声を起こす場合、1時間テープで10時間かかるとします。
この方の年収を日給に換算すると、1日約20,000円。
このテープを専門業者へ依頼した場合、1時間テープで約13,000円程度です。

 

どうでしょうか、1回依頼するだけで約7,000円ものコスト削減になっています。
このような機会が月2回あった場合、年単位で168,000円の削減です。
さらに、この方しかできない業務に10時間を費やすことができます。
業者へ依頼することでコストがかかるイメージがありますが、
実は大幅なコスト削減につながる可能性も大いに含んでいるのです。

 

 

専門分野にも対応できる

 

依頼するテープは医学分野であったり法律、科学、IT系など様々な分野の内容が考えられます。
しかし、依頼する人が必ずしもその分野に精通しているわけではありません。

 

例えば、医学分野のシンポジウムの音声を文字に起こし、紙ベースでの配布が必要だったとします。
しかしその業務を担当する人は、シンポジウム開催の取りまとめが業務であり
医学に携わる業務では場合も多いのです。
そういった方が、迅速かつ正確に文字に起こすことができるでしょうか。
専門用語の意味がわからなければ、話の整合性も取れなくなってしまう可能性もあります。
(参考:テープ起こしの活用例−医療法人編−

 

このような場合に、やはり専門業者へ依頼するメリットが考えられます。
テープ起こし業者では、対応可能な専門分野をホームページなどで表記していますので、
依頼したい分野に対応している業者へ出せば安心です。

 

そこでは、実際に業務に携わっている人が起こすわけではないと思いますが、
その分野の音声を起こした実績が豊富な人が担当するはずです。
少なくとも専門用語が分からず、おかしな文章になってしまったということはないでしょう。
英語や他言語の音声などは、大抵がネイティブの人が担当していますので、
自然なテープ起こしが期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

このようにテープ起こしの専門業者に依頼することで、
費用対効果の面で非常に大きいメリットを享受することができます。
普段あまりテープ起こしの必要性を感じていなかった業界においても、
実は上手に活用できる場合が多々あった、という話もよく耳にしますので
一度考えてみるのも良いかもしれません。

 

 

テープ起こし業者一覧

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ