会話分析用テープ起こし

会話分析用テープ起こし | テープ起こしLEO

会話分析用テープ起こし

会話分析用テープ起こしでは、“えー”“あのー”などのケバ(フィラー)に加えて、会話における相づちなども加えた逐語起こしを行うことで、会話分析の資料としての原稿を作成します。

 

逐語起こしの原稿では、沈黙の時間やイントネーションといった純粋な言語ではない部分や
会話の重なりなどまで分かるように起こすことがあります。
どの程度まで忠実な原稿にするかについては、原稿の用途やクライアントの意向に沿って決定されます。

 

会話分析用の原稿は特殊で、クライアントの意向によって様々な形になります。
決まった形式があるわけではないので、実際にテープ起こしを依頼する際には、
事前に資料や起こし方の見本、それに対応する音声をサンプルとして提出すると、スムーズに対応してもらえます。

 

このような会話分析用の原稿は、言語の研究を行う研究機関などに主に利用されています。
また、カウンセリングなどの資料としても用いられます。
会話分析用の原稿はケバ取りをしないテープ起こしの一種ですから、たいていの業者が対応しています。

 

テープ起こし業者一覧

 

 

会話分析用テープ起こしに対応している業者の一例

 

東京反訳株式会社

 

ホームページ:http://www.8089.co.jp/tt/talk.html

 

 

ACN

 

ホームページ:http://www.echigo.ne.jp/~acn/acn/type4.html

 

 

アステープ起こしタイナーズ

 

ホームページ:http://www.tapeokoshi.net/

 

 

テープ起こし・テープのリライトKouBou

 

ホームページ:http://tapekoubou.web.infoseek.co.jp/

 

 

クリプトン

 

ホームページ:http://www.usplan.net/modules/usp/index.php?content_id=10

 

 

US Planning Inc
.

 

ホームページ:http://www.usplan.net/modules/usp/index.php?content_id=10


ホーム RSS購読 サイトマップ