テープリライターのデメリットとは

テープリライターのデメリット | テープ起こしLEO

テープ起こし(テープリライター)のデメリットとは

これだけで生活していくのは難しい

在宅ワークは、外で働くよりも基本的に報酬が低く設定されています。
文字起こしの仕事は在宅ワークの中でも高い報酬になりますが、
やはりそれだけで生活していくのは難しいと言えるでしょう。
あくまでも、家計の足しにする、副業と考えておいた方がよいかもしれません。
ただし、実力が大きく影響する仕事でもありますので、
法律やIT技術に明るく専門分野の仕事が受けられたり、ネイティブな外国語で起こしが可能など、
自分ならではの強みを作っていくと、報酬の交渉もしやすくなるでしょう。

 

 

毎月の収入が不安定

テープ起こしの仕事は、請負です。
1件請負い報酬がいくらという形になりますので、毎月決まった収入が得られたり、
決まった量の仕事を依頼されるとは限りません。
自分が仕事に割ける時間がどれくらいあるのか、
どれくらいのスピードで精度のよい仕事を納品できるのかを、しっかりと把握しておく必要があります。
また、継続して仕事を依頼されるように実績を上げるなど努力が必要です。

 

 

投資費用がかかる

在宅で行うからには、仕事環境を自分で整える必要があります。
パソコンや効率化に必要な道具、最新のウィルスソフトを常駐させておくなどが必要です。

 

>> 参考)テープ起こしに必要な道具・環境とは

 

 

自己管理・時間管理が必要

在宅ワークの難しい点でもありますが、誰の目もなく慣れた環境の中で作業を行いますので、
緊張感を維持するのが難しくなります。
しかしプロとして仕事を請け負うのですから、納期厳守を徹底し、
自己管理、時間管理を行っていかなければなりません。

 

 

静かな環境を作る

音声を正確に聞きとるために、静かな環境・時間が必要です。
作業効率にも大きく影響しますので、この環境が作れない場合には難しいでしょう。

 

 

常に勉強が必要

音声は、知らないジャンルや業界のものを請け負う事の方が多いと考えておきましょう。
その分野の情報や専門用語、略語などを調べ勉強していく必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ